《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

ドSだと思っていた速水の属性が判明。速水は「しもべ」のS。さぁ 猫と鍵を お探し!

ココロ・ボタン(7) (フラワーコミックス)
宇佐美 真紀(うさみ まき)
ココロ・ボタン
第07巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

ちゃんとつきあい始めて幸せ生活がスタート!と期待いっぱいの新奈。なのに古閑くんの両親が離婚の危機で、古閑くんが転校しちゃうかも!?不安な新奈に「オレはどこにもいかないよ?」って古閑くんは言ってくれるけど?ほか、速水くんとの鍵探しや遊園地デートなど胸キュン満載の最新7巻!!

簡潔完結感想文

  • 離婚騒動。古閑くんの両親が別れたら引っ越し⁉ 子は鎹(かすがい)、新奈の名前は春日だい!
  • 遊園地回。良くない占い結果もオレが「先回り」して回避するから。即席ジンクスだって嘘だから。
  • 落とし物クイーン。猫の次は鍵。一緒に探す相棒は またも速水。惚れるなよ、絶対に惚れるなよ!

しものは何ですか? 見つけにくいものですか? の 7巻。

本書の基本形は、少し いじわるな彼氏・古閑(こが)くんに、
主人公の新奈が振り回されるという形式だ。

自分の考えや願望が表に出やすい新奈だから、
それを古閑くんに読み取られて、わざと いじわる をされて慌てさせられる。

だが、ちょっと考えてみると、1回、古閑くんの いじわる が間に挟まれるが、
新奈の願望は大体 叶えられていることにも気づく。

なぜなら新奈が古閑くんとしたいことは、
大体において、古閑くんが新奈としたいことだから。

実は本書の本当の基本形は、
新奈が100の力をもって望むことは、大抵 叶うという形式かもしれない。

新奈は、周囲の人々(古閑や速水(はやみ)、妹の葵(あおい))に
振り回されているように見えて、実は彼らが新奈の周囲を回っている。

人の心を変えるのは新奈の真っ直ぐな気持ちなのだ。

そして原始、女は太陽であったように、本書の太陽は新奈である。
ずっと不動のスタンスを取っているのは、新奈だったのだ。


れが端的に表れるのが『6巻』から続く古閑家の離婚騒動。

何度目かの経験で慣れっこだし、善後策のある古閑くんに比べて、
本来、外野である新奈の方が大騒ぎしている。

新奈が古閑くんのことを大好きで仕方がないことが伝わるエピソードだ。

そして自分の胸で泣きじゃくる新奈を見て、
騒動を引き起こした母に感謝すらしているだろう 役得の古閑くん(笑)

f:id:best_lilium222:20210204043336p:plainf:id:best_lilium222:20210204043329p:plain
泣き顔でも笑顔でも男性をキュンとさせる新奈。無自覚な魔性が、彼女の「M」かも。

引っ越しの荷造りを手伝いながらも、古閑家のアルバムを見ては泣く新奈。

だが我慢せずに悲しみを表現する新奈の態度が、古閑くんに少しだけ勇気を与える。

それは母親に自分の望むカタチを進言すること。

一度は荷造りをした書籍を棚に戻しながら、
古閑くんは母に「いじわる」を言って彼女を翻意させる方向に「先回りのS」を発動する。


これは新奈が古閑くんに、自分の寂しさや他人に共感する心を全部 ぶつけたから落着した一件。
少なくとも、こんなに早く幕引きが出来たのは、新奈の存在があったから。

自分の代わりに大粒の涙を流す新奈に、古閑くんは一種のカタルシスを覚えたのではないか。

いつもは家族の意思を尊重して行動する古閑くんが、
今回は、子は鎹(かすがい)を実践すべく、珍しく息子として、両親を結び付けた。


古閑くんの部屋の本棚にある大量の書籍、あれらは どんな本なんだろう。
絶対、漫画じゃないし。小説でもなさそうだし。


また一緒に行った遊園地でも、
たまたま入った占いの館で よくないことを告げられ落ち込む新奈に対して、
古閑くんは即席のジンクスをでっち上げることで、彼女の気分を夢見心地にまで上げた。

気分の変わりやすい子供を あやすように、新奈のご機嫌を常に気にしている古閑くんなのでした…。


書の太陽、新奈の周囲を嫌がりながらも回るのが、古閑くんの友人・速水。

彼は新奈が落とし物をすると協力するという特性があるらしい。
しかも古閑くんがいない時に限って。

今回の落し物は2つ。
1つは、古閑くんの家の鍵。
そしてもう1つは誤飲したお酒による正気。

家の鍵のお話は、ほぼ猫さがし の時と同じ構造です(『6巻』)。

作中で4月を迎え2年生に進級した新奈たち。
特進クラスの古閑くんは、これまで以上に授業数が増えた。
それにより、新奈との時間がどうしても減ってしまう現実に直面するが、
古閑くんは新奈に家の鍵を渡し、使える少ない時間を有効に活用しようとする。

だが、新奈は初日から他人様の家の鍵を落としてしまって…。

この話から浮かび上がるのは、新奈の迂闊さと、そして速水の優しさです。

ただ速水が誰にでも優しいのか、
それとも衛星として太陽の重力に魂を惹かれているから、
新奈だけに優しいのかは不明です。

感情表現が豊かな新奈に、男性陣は顔を赤く染めるのです。
(新奈には出来るだけ見せないようにするけど)。

f:id:best_lilium222:20210204044113p:plainf:id:best_lilium222:20210204044109p:plain
新奈の太陽のような笑顔を知ってしまったら、もう時すでに遅し。親友との修羅場が間近⁉

そして ある日、速水のバイト先のカラオケ店で、
お酒に酔ってしまった新奈を速水が家まで送る際も、古閑くんは不在。
速水の優しさは近くに古閑くんがいない時だけ発動します。

この前に速水は新奈の携帯を過って半壊してしまったことも、新奈と一緒に買える動機となる。
なんだか速水は「しもべ のS」って感じになってきましたね(笑)


方で、新奈と古閑くんとの仲が少しだけ決まづくなっている。

進級して忙しくなった古閑くんに、1週間 会わない我慢をしていた新奈。

その解禁日、どうしても古閑くんに会いたくなって、
最寄りの駅前の学習塾の前で古閑くんを待つが、
夜遅くになっても、古閑くんは現れず、更に待ち続ける新奈だったが…。

自分の進みたい道への勉学が一因で、
大好きな彼女を夜道で一人待たせたこと、
そして親御さんにも心配と迷惑をかけたことが古閑の胸に苦く残る。

また古閑が将来を考えるほど、新奈は自分の将来の展望がないことを思い知らされる。

そして古閑くん最大の心配事は速水の存在だろう。
彼の性格をよく知る古閑くんにとってみれば、イレギュラーな彼の新奈への対応。
最大で最強のライバルの出現が古閑くんの心を揺さぶる。

「お試し」の交際から1年。
1年前は見えなかった交際を続ける難しさが、少しずつ見えてくるのだった…。

ココロ・ボタン 7 (Betsucomiフラワーコミックス)

ココロ・ボタン 7 (Betsucomiフラワーコミックス)