《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

新・妹キャラの投入を霞ませるほど 黒光りしているスマホアプリに心が ゲッ虫(ちゅう)!

兄友 2 (花とゆめコミックス)
赤瓦 もとむ(あかがわら もどむ)
兄友(あにとも)
第02巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

晴れてつき合いだしたまいと西野さん!だけど、壁の薄い隣室から聞こえてくるのは、相変わらずウブすぎる西野さんの声…。一緒の時間も少なく、いまいち関係が進まない2人。ある日、大雨のため西野さんの家に行くことになったまいは、そこで西野さんの妹と遭遇して!?新キャラ登場で盛り上がる、壁ごしつつ抜けLOVE、第2巻!

簡潔完結感想文

  • 西野の妹。お笑い担当要員の追加。2組の兄妹の各 兄×妹の組み合わせが胸キュンと笑いを誘う。
  • スマホアプリ。本書の大黒柱。このアプリを存続のために本書に課金している、は言い過ぎか(笑)
  • 事実を周知。親族に友人に彼氏の存在を発表。彼氏が出来て壊れる友情なんて私は育んでないよ!

人が出来た事実が広まり、世界が再構築する 2巻。

本書のテーマは大きく言えば、躊躇(ためら)いの壁を越えていく、ということだと思う。

『1巻』で兄妹で隣通しの壁の薄い部屋で、
一方的に相手の好意を知ってしまった気まずさ を覚えた主人公の まい。

ただ、自分に好意を持っているから相手に好意を抱いたわけではなく、
筒抜けの感情は、その人の本質を見る一つのキッカケに過ぎなかった。

この『2巻』でも新たな登場人物との間に流れる気まずさ や、
わがまま と気遣いとの葛藤や、どうしても変化する関係性への気兼ねなど、
数々の心理的な壁が登場する。

それらの壁を常識的な考えに縛られずに自分なりに乗り越えていく方法を発見する
まい の様子が本書にカタルシスを もたらしている。

友人の助言やネットで繰り広げられる一般論、
最初はそれらに振り回されつつも、そんな一般論に囚われずに、
自分が築きたい関係性を選び取っている まいの姿を凛々しく思う。

彼と恋人関係になっても、まい の本質は そのまま保たれている。

友人間・親族間と、恋人の存在が周知の事実になっても、
まい の美質は変わらずに彼女の中に存在していた…。


そして、その まい の選択と意見を違えることのないのが恋人・西野(にしの)。

何と言っても この2人、人として価値観があっているのだ。
その優しさから遠慮という壁はあるが、心はずっとバリアフリーであり続ける。

2人は転んで怪我したりしない、という安心感があるから物語を心から楽しめる。


うにも、後付け設定のにおいがするが(笑)、『2巻』から西野の妹・秋(アキ)が登場。

まい は所帯じみた設定だが、秋はオタク設定。
スマホアプリに夢中になり、コミュ障であり、注意力散漫なドジっ子である。

これで2組の兄妹が揃いましたね。
兄弟構成も、年齢も同じ。
秋にとっては、まい の兄・雪紘(ゆきひろ)が「兄友」です。
ちなみに、まい以外の3人は同じ高校に通っている。

f:id:best_lilium222:20210116215238p:plainf:id:best_lilium222:20210116215235p:plain
2ページで分かる新キャラ・西野 秋の生態とスマホアプリ「グッド♡コウチューン」のゲーム内容。

秋の登場のお陰で作品のギャグテイストが大幅に増した。
これは作品にとって大きな財産なのではないか。

初々しいカップルの優しい恋愛と、
ギャグに振り切った回の二本柱が完成したと言える。

まい たち中心の描写では早晩、行き詰まっていた展開が、
新しい機軸を見つけたことで物語世界を大きく広げることが出来た。

また秋の登場によって、雪紘のキャラも一層 際立つ。

優等生的な西野(兄)よりも、もっとダメなキャラ、最底辺に秋を配置することによって、
雪紘の個人的愉悦と、その裏にある(はずの)寛大な御心を知ることが出来る。

これによって互いに違う意味で、
まい と雪紘の七瀬(ななせ)兄妹に振り回される西野兄妹という構図が確立した。

七瀬兄妹は西野兄妹にとって色々と心臓に悪い存在である(笑)


そして秋がいることで、まい が西野宅に上がり込んでも健全性が確保される。

今回、まい と秋の初対面時、読者としては秋が西野宅にいることは把握しているが、
突然の雨に打たれた まい を西野が迎えに行き、
自分の家に避難させ、入浴させる、というのは異性としては大胆な行動である。

女慣れしていない純朴な西野の性格と、
掲載誌の問題からそんなことは起きないと分かってはいるが、
秋が家に居なかったら、まい の方も不注意・警戒心がないと言われかねない状況だ。

自宅にいることの多い秋は本書の健全性のセイフティーネットなのかもしれない。


して、秋よりも重要かもしれないのが(笑)、スマホアプリ「グッド♡コウチューン」が登場。

初登場時は、秋がハマっているアプリゲームに過ぎなかったのに、
巻が進むにつれて、私たち読者をも魅了するアプリへと成長していった。

もはや「グッド♡コウチューン」こそ本体と言ってもいいかもしれない…(嘘)

こういう おバカなアプリは実在するんですかね。
「刀剣」がありなら、甲虫もあり、か??

当初は私も、作品が甲虫に侵食されていく様子に眉をひそめていたのですが、
後半ではアプリを心から楽しんでいる自分がいました。

この時点では、純愛とギャグを両立させられる作家さんだとは思わなんだ。
本当に笑いと感動がいい塩梅に配置されている。
こうして本書は二方向から作品の人気したのだろう。


中では時間が進み、『2巻』では
初詣とバレンタインデーという冬のイベントが描かれる。

ちなみに岩本ナオさん『町でうわさの天狗の子』が定義するところの、
「冬の3大イベント」の最後の1つであるクリスマスは、
まい の学校がスキー合宿だったために何も出来なかったらしい。
(しかし嫌がらせのような日程だ。男女交際への牽制か? そして宿泊費が高そう)

初年度にクリスマスをスルーした作品は2年目に大きなイベントを用意してたりするので
(例:葉月かなえ さん『好きっていいなよ。』)、
本書も来年のクリスマス回は大いに期待できる(かもしれない)。

まい たちの場合、来年も別れたりしてないだろうという安心感があっていいですね。
良くも悪くも波乱が起こしにくい安定感があるからこそ、作者は お話作りが大変そうですが。


本書の初詣回が少し変わっていて、
母方の伯母夫婦が寺を運営(?)しているのだが、伯母がギックリ腰になり、
七瀬兄妹は初詣の手伝いに行くという内容になっている。

いつもどちらかの自宅で会うことが多く、
恋人関係になってもイベントに乏しい2人。

人手が足りない中、まい の脳裏には西野の顔が浮かぶが…。


このカップル、お互いの自宅を頻繁に行き来する仲だが、
まだ互いの両親に顔合わせなどはしていない。

なんと今回、おじさん だけが先に西野と最初に顔合わせをしている。

少女漫画において両親との顔合わせは結婚への布石、
と勝手に思っている私だが、その日が来るのが待ち遠しい。

かなりマイペースな まい の両親に西野が困惑する姿が容易に想像できる。

f:id:best_lilium222:20210116215320p:plainf:id:best_lilium222:20210116215324p:plain
分からないことはネットではなく本人に聞くのが一番。聞いてないことまで答えてくれます。

バレンタイン回は恋愛と友情のバランスについての話。
恋人が出来た後の変化として なかなか描かれない領域である。

少々わがままな りんご ちゃん だからこそ の忌憚のない意見だなぁ。
友情を描きながらも、まい と西野の老年夫婦のような阿吽の呼吸が良い。

兄友 2 (花とゆめCOMICS)

兄友 2 (花とゆめCOMICS)

兄友 2 (花とゆめコミックス)

兄友 2 (花とゆめコミックス)