《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

ないものねだる 子供のように ただ、今をはやく伝えたい『「ただいま」』

f:id:best_lilium222:20200909190102j:plain
タアモ
たいようのいえ
第05巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

不器用な少女、真魚(まお)。世話焼きな青年、基(ひろ)。年の差幼なじみ2人のお互いを想い合う気持ちは高まり……? 「基……もしかして私のこと好き?」つい、こぼれてしまった真魚の問いに、基の答えは――。真魚をとりまく人それぞれの「好き」のカタチが交錯する中、お互いへの真摯な心は2人の距離を縮めていくものの……突然、大樹(だいき)からある宣言が!? 年の差幼なじみの明るく切ない同居生活ラブストーリー!

簡潔完結感想文

  • 好きになり過ぎて同居が辛い。基と真魚、2人に戻った生活の中に流れる微妙な空気。
  • ホームステイからステイホームに。大樹の帰還。兄を凌駕する大樹人気(私の中で)。
  • 告白する人、しない人。脇役の恋まで魅力的な漫画は貴重。実は展開の早い漫画だ。

Re:startするための身辺整理がなされる 5巻。

まずは真魚(まお)。
幼なじみで、居づらい家から飛び出した真魚が、家に住まわせてもらっている基(ひろ)に
「もしかして私のこと 好き?」と聞いた『4巻』のラストの続きの場面から。

聞いてはみたものの、真魚はその返答を拒む。
なぜなら、現状は基に甘えるばかりの立場だから。
年齢的に自立は無理にしても、自律して抱える問題を解消してからではないと、
基も自分も一人の人間として対峙できないと考える。

改めて実家に帰ることを拒んだ基の本当の妹・陽菜(ひな)に代わって、
妹的役割は果たせるかもしれないが、妹になりたいわけじゃない。

基が自分に向ける母性からくる優しさと恋を分離しようとする真魚
同居人や家族というカテゴリから抜け出すにはどうすればいいか?
それは自分自身がまず幸せにならなければならない。

本書の登場人物たちは実に折り目正しい人が多いですね。
その真摯さが作品の温かさや好感に繋がっていくのだと思います。


そして真魚の義母も、もう一度、家族を再開することを考えていた。

久々に再会した義母は真魚にそのことを告げる。
勇気が持てなかった自分のことも偽らずに加えて。

基(ひろ)が義母に「失礼ですけど 割と まともな人で 面くらいました」と言った言葉は、多くの読者の気持ちだろう。

読み返してみると、彼女もまた真魚を直接的に否定したことはない。
ありがちな義母の冷淡で冷酷な態度を取ったことはない。

だが、夫と義娘の険悪な雰囲気を知りながら決して手を差し伸べなかったのも事実。
そこが基とは違うところだろう。

とはいえ真魚が一歩踏み出す布石は出来た。
彼女のリスタートを見届けよう。


字通り、身辺整理をしてリスタートするのは大樹。

大樹は夏休み中はずっと暮らしていた親戚宅から一時帰宅して、兄と真魚と3人暮らしていたが、
夏休みが終わる頃、兄たちのいる実家に戻ることを決意した。

f:id:best_lilium222:20200910180821p:plainf:id:best_lilium222:20200910180815p:plain
大樹の帰還。基が無理をしてでも守り続けた日々が少しずつ報われる。

大樹が帰ってくるという、基の長年の夢が叶ったことが物語を進ませてる実感を生んでますね。

恋愛面としては、上記の通り、真魚たちは折り目正しいので、色恋を優先することは無さそうだ。
しかしたとえ2人の恋愛は停滞しても物語が動いているので先延ばし感はほとんどない。

それに大樹が帰ってきた方がラブコメとしては格段に面白くなりそうだ。
まさかまさかの最終ページである。
読者は修羅場も好きなのだ。

大樹が実家に帰ってくることによって、より他人の自分が際立つことを案ずる真魚
だけど最後まで読んでみると、大樹は真魚がいる家に帰ってきたいのではないかと思わざるを得ない。

自分がその家に居ることで誰かが嬉しいということを、いつか真魚が知ってくれたらいいな。


愛面が一気に動いたのは、真魚の親友の ちーちゃん こと 千尋ちひろ)。

自分の好きな織田(おだ)くんに対して、ツンデレを暴発させ続けていた ちーちゃん。
その織田くんが真魚のことを好きだということを知りながら、ちーちゃんは告白した。

このスピード感もいいですね。
ほんわかした物語だけど、決して緩い お話ではない。
生温くもないし、メリハリが効いているから面白い。

そして ちーちゃん の告白が、織田くんの失恋の前になされているのにも注目。

ちーちゃん は失恋で弱っている織田くんに付け込んで勝率を高めと計算したから告白したのではない。
真魚が好きでも、望みが無くても告白したのだ。
言わずにはいられなかった。そんな涙ながらの ちーちゃんの告白場面です。


結果を先に述べてしまいましたが、織田くん の真魚への恋心は破れた。

f:id:best_lilium222:20200910181143p:plainf:id:best_lilium222:20200910181138p:plain
織田くんに告白の お断りをする真魚。この返答も真魚の成長や変化の一つだろう。

持ち前の頭の悪さから真魚が自分を好きなんじゃないかという誤解から一転、
盗み聞きしてしまった会話から自分がフラれることを知った織田くん。

それでも真魚の口から断りの言葉を穏やかに聞き届ける。
そんな柔和な彼の姿が良いですね。広い意味でイイ男です。

そして織田くんを正面から断る真魚の言葉も良いですね。
多分、『1巻』時点の真魚ならば言えなかった言葉が言えている。

それは人の優しさに触れ、人を好きになる経験を得た真魚の実感のこもった言葉たち。
相手に想いが届かない恐怖も知った真魚が、真摯に紡いだ言葉たち。

こういう所でもジーンとさせられてしまう漫画なんですよね。

織田くんも、失恋の痛手を誤魔化すかの様に ちーちゃんに簡単に なびいたりしないのも良い。

間違っても少女漫画にありがちな、本命の人がいるのに自分の恋が上手くいかないからって
「お試し」で誰かと付き合ってみるという本心と裏腹な行動はとらない人たち。

自分を、他者を大事に出来るからこそ、一足飛びな結果は求めない。


手くリスタートが切れないのが、基(ひろ)に恋するラジカル杉本(すぎもと)さん。

真魚の書いているケータイ小説の作者を自分だと偽っているハンドルネーム・ラジカルさん。
これは半分は真魚のためでもあるのだが、嘘を告白しようにも、
経緯を説明するとボロが出てしまうので身動きが取れなくなってしまった。

酒の力を借りて、基を誘うも基には軽く交わされてしまう。
(これは半分以上、基が悪い。鈍感は罪である。)

ちなみにラジカル杉本さんは酒乱。気が大きくなるタイプみたい。

そして杉本さんは基より年上なことが判明。
基も読者もびっくりだ。
てっきり基の後輩の新入社員なのかと思っていた。

実年齢が分からない、伝わらないのは可愛らしい絵柄の難点ですね。
真魚の両親や、基の会社の先輩も、年齢不詳のスリム体型だし。


ちなみに基が社内で一番仲いい同僚男・藤田(ふじた)くんは、登場するたびに顔が幼く可愛くなっていく気がする。
初登場時には冴えない男だったのに、最終回間際では弟系の眼のクリっとしたキャラにまで変貌していく。

同僚でいえば、無駄にキラキラして存在感を示している主任がラジカル杉本さんの相手役になるのかと思っていた。
何かありそうで何もなかった主任。
薬指に指輪をしているので既婚者らしいが…。


そして基は、真魚と大樹のリスタートを、この家で待っている。
どどーん と構える一家の大黒柱ですね。

互いの身辺が綺麗になるまで本格的な恋愛に発展禁止っぽい関係の基と真魚
天然の真魚に比べると、基の方が理性で抑えることが多そうだ。
これからは大樹というお目付け役もいるが、間違っても逮捕されないようにしないと。

そういえば巻末の「番外編」で中学生か高校生の基には彼女がいたことが判明。

これまでの基の感じから言って女性の方から付き合おうと言われて付き合い、
しばらく経つと相手から一方的にフラれてそうですね。