《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

少女漫画における観覧車、本命としか乗らない説。2人きりになりたいという無意識?

f:id:best_lilium222:20200609175122p:plain
呉 由姫(くれ ゆき)(原案:ルビー・バーティー
金色のコルダ(きんいろのこるだ)
第8巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

第3セレクションの当日、リリからヴァイオリンの魔法が消えかかっていることを知らされた香穂子。どうにか弾ききったものの、ついにヴァイオリンは金色の弦一本を残して消滅してしまう!最終セレクションの行方は…!? 急展開の第8巻!!

簡潔完結感想文

  • この楽器での最後の演奏。補助輪つきの感覚を覚えた香穂子は自分の足で漕ぎ出す。
  • 土浦の元カノ登場。最初で最後の同性のライバル的存在。土浦への想いが明確に?
  • Wデート。「悪くはない…」という月森語の訳は「チョー楽しい、また君と来たい!」


現実の中の異世界、それは遊園地に違いない、の8巻。

香穂子(かほこ)にとって魔法のヴァイオリンは異世界への門(ゲート)の鍵ですかね。
リリから与えられたヴァイオリンを持っていれば普通科の自分も音楽科という異世界に自由に出入りできた。

今回、その鍵が消滅するということで香穂子は、その前に音楽科と普通科どちらの世界に定住するかを選択する。
これからは、かりそめの住人ではなく同じ世界の人間として堂々と参加者と肩を並べる。
香穂子の物語としては、ここからが本番。
8巻も費やしましたけどね…。

f:id:best_lilium222:20200609182833p:plainf:id:best_lilium222:20200609182837p:plain
消滅する 魔法のヴァイオリン
妖精・リリから事前に伝えられていた通り、第3セレクションの発表を最後にリリが与えてくれたヴァイオリンは消滅してしまった。

だが消滅しなかったのは一本の金色の弦(コルダ)と音楽への情熱。

そんな香穂子のくすぶる情熱を感じ取ってリリが与えてくれたのは普通のヴァイオリン。
補助輪は強制的に取り上げえられてしまったけれど、何度転んでも立ち上がる覚悟は身に付いた。
乗り方は既に覚えている。
そして距離と速度をどう出すかはこれからの自分次第。

演奏のレベルは落ちるかもしれないが、胸を張って自分の演奏と言い切れる立場になったのだった。


魔法が解けかけていた第3セレクションの香穂子の演奏の良かった点を、参加者はそれぞれの視点で語る。
火原(ひはら)は崩れかけても崩れなかった香穂子の姿勢を、
志水(しみず)は香穂子自身が奏でる音に惹きつけるものがあると認める。

第3セレクションの柚木(ゆのき)の演奏も、いつもとは違う「荒さすら感じる演奏だった(月森評)」が、結果は1位。

これらはもしかしたら『1巻』で魔法のヴァイオリンの説明をしたリリが言った
「技術的なことは このヴァイオリンが サポートするが
 感情的な部分 …つまり ヴァイオリンを歌わせるのは 弾き手自身」という部分に呼応する問題かもしれない。

母親に褒められ、香穂子を圧倒した第2セレクション後の月森(つきもり)の独奏。
月森もまたヴァイオリンを歌わせるのが感情的な部分にあると思い当たったようで…。


そうして人生経験を広げる意味で普段なら付き合わない、足を運ばない場所に自分を置いてみる月森なのであった…。
それは「お坊っちゃん」シリーズの連続であった。

月森の「お坊っちゃんシリーズ」第2弾はファストフード。
火原・土浦に誘われてお店に同行したのもそんな心境の変化の途中だったからだろう。
けれどファストフード注文したことも、食べたこともない様子。
「土浦と同じものでいいです」とスマートに澄ましているけれど、恥をかくよりプライドが上回った結果である。
普段の彼なら犬猿の仲の土浦に合わせるなんて彼のプライドが許さないはずなのに。


第3弾が遊園地。
土浦の元カノが香穂子を誘って、偶数にするための数合わせではあるが、結果的にWデートのような少女漫画の王道的展開に。
これも直前に香穂子が月浦の新たな一面を指摘したことが効果的だったのだろう。

遊園地は人生で2回目。
1回目は「物心ついたかつかないかの事(頃?)だから ほとんど覚えていない」らしい。
絶叫系マシンを「ただ単に速いだけだろう?」と のたまう、想像力の無さ。
こちらは、あまり得意ではなさそうだ。

ちなみに第4弾としてはUFOキャッチャーでしょうか。
こちらは意外な才能を発揮。
この戦利品のぬいぐるみ、その後の月森の自室に置いてあったりしたら面白かったのに。

そうして、一日遊園地を楽しむ月森お坊っちゃん

f:id:best_lilium222:20200609182923p:plainf:id:best_lilium222:20200609182928p:plain
俺の手はヴァイオリンを弾くためと 君の手を引くためにあるのかもしれない。
お化け屋敷で女の子に抱きつかれたり、観覧車に二人きりで乗って、アトラクションを満喫して満足したご様子。
本編的には土浦の元カノ登場という穏やかではない展開なのだが、月森お坊っちゃんに目を奪われる始末です。

香穂子としては土浦と元カノの様子に少なからずモヤモヤと嫉妬したり、
月森に手を引かれて胸を高鳴らせたり、珍しく彼女主体の恋愛描写が盛りだくさんの回でしたね。

そして、これからは男性メンバーとも異世界という隔たりが無くなった。
香穂子の恋も演奏も、これからじゃないですか。


「ファースト ステップ?」…
街中で怖い人に絡まれてた男子を助けた たまき。
あくる日から、その男子・貴堂門勇仁(きどうもんゆうじん)が学校の送迎を申し出て…。
弱そうな人が超名門のお坊ちゃんで、強そうな人が実は繊細な神経を持っている。
単純な恋愛に加えてジェンダー問題も入り混じっていて楽しい一編。
お坊ちゃんの忠実な部下たちの様子が面白いですね。
読切短編から長編化しそうな(できそうな)作品という感じがしますが、今のところ本当に読切これっきり。

金色のコルダ 8 (花とゆめCOMICS)

金色のコルダ 8 (花とゆめCOMICS)

  • 作者:呉 由姫
  • 発売日: 2007/03/05
  • メディア: コミック