《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

両想いになった途端 彼からの巻末のサプライズは ありませんでした。ぴえん。

f:id:best_lilium222:20200501173405j:plain
水瀬 藍(みなせ あい)
なみだうさぎ ~制服の片想い~(  ~せいふくのかたおもい~)
第5巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

鳴海から告白された!桃花も「好き」と応えて2人は両想い。でも、これでつき合うことになるの?告白はされたけど、つき合おうとは言われてないよ…。恋愛初心者の桃花にはわからないことがいっぱい。そんな桃花の前に萌愛が…!「空くんをとらないで」と言われた桃花は…!?

簡潔完結感想文

  • 全てを清算して(邪魔者は排除して)私たち正式に恋人同士になりました。
  • 彼女という立場を手に入れても噂に振り回される弱い桃花。これが続くの…?
  • 電話もメールも初デートも決してスムーズにはいかないけど桃花は幸せです。


人の不幸は蜜の味、私は桃花(ももか)の不幸が見たかったのかもしれない幸せ満開の5巻。

1年以上片想いしている男子・鳴海(なるみ)に告白されて、ついに両想いになれた桃花。
今巻は鳴海と萌愛(もあ)の関係の清算と、桃花と鳴海の彼氏彼女としての日々がメインになる。
波乱万丈な片想い時期と比べると、甘酸っぱさは全開ですけど、これといった事件がなくやや物足りなさすら感じます。

f:id:best_lilium222:20200603012038p:plain
傍から見れば 桃花はただの奪略恋愛。
一つだけ起きる事件は桃花と萌愛の対決場面です。
鳴海に別れようと言われた萌愛は、鳴海の心変わりの原因が桃花であることを察知して校門で彼女を待ち伏せしていた。
萌愛から「空(たか)くん(=鳴海)をとらないで…」と懇願されるが桃花は「嫌です…! これは あたしの恋です…っ」と明確に拒絶する。
そうして公園のブランコ二人並んで座っていると、事件の当事者・鳴海が現れ、萌愛に「もう萌愛が泣いても俺は抱きしめてやれない」と再度別れを告げるのだった…。


萌愛が桃花の前に現れたのは直接対決はもちろん、鳴海が萌愛を拒み、桃花を受け入れるという彼の自発的な行動を見せるためでしょうね。
鳴海は高ステータスの彼女がいたけれども、心までは捧げてなかったよ、という桃花だけが特別だという演出だ。
端的に言えば桃花が恋の勝利者だということを読者に知らしめるためでしょう。
今まで彼女という立場でありながら萌愛は一方的に鳴海に要求をしていただけで鳴海からは何も受け取っていなかった。
けれど桃花は彼女でもない頃から鳴海にとって「特別」だったという、萌愛にとっては残酷な現実が語られる。
主役と脇役の差とは言え、これまでの思い出が全て偽りだと塗り替えられていく萌愛の心境を思うと悲しさを覚えます。

桃花にとって純粋な片想いでも、萌愛の立場からすれば彼氏を奪った奪略者という現実の難しさを桃花も少しずつ学んでいく。
だからって「鳴海くんに好きになってもらえる資格なんてないのかも」と一足飛びに思考する桃花は、萌愛の苦しさなんてなんも理解してなさそうですけど…。

この場面、同級生の阿久津(あくつ)はバイク乗りらしく快里(かいり)ちゃんを後ろに乗せて到着してますが、高校1年生の夏にバイクの二人乗りは出来るんですかね? 緊急事態による非常措置?
先日読んだ桃森ミヨシさんの『ハツカレ』でバイクの二人乗りのエピソードがあったので気になってしまいました。


ここの鳴海が萌愛にはっきりと別れを告げて桃花に交際を申し込む場面で(完)でも良かったかな、と思います。
これまでがかなり波瀾万丈でしたから、今後それ以上のことは起きないでしょう。
そもそも私が交際開始からのベタな展開(浮気疑惑とかすれ違いとか)が好きではないので、これ以上は蛇足に思えてしまう。

特に桃花と鳴海は両想いになって以降も読みたいカップルとは思えないのも完結を望む理由だ。

結局、本書において桃花は無条件に愛され続けるだけなんですよね。
初めて経験する彼氏彼女の難しさを経験するけどいつだって愛される、この後も彼を好きな人や自分を好きな人が登場するけど変わらずに愛される。
桃花が人の気持ちを慮って行動できる人ならよかったのですが、自分中心の人なので独り善がりに悩んでいるだけの描写が続くのには辟易。
桃花にとって両想い以上の幸せはないだろうし、愛され桃花の不幸は、私には不幸に感じられない。

f:id:best_lilium222:20200603011749p:plain
束縛と胸キュン ギリギリのセリフ。
鳴海はイケメン化してもキモオタ時代の中学から変わらず不気味な人です。
物語の性格上、桃花が不安にならないと始まらないのだけれど、不安にさせるだけのことをしといて、最後に思わぬ行動をして帳消しにするパターンは飽きた。
前後の流れはあるものの男友達・天野(あまの)に電話した桃花に向かって「俺以外の男 見ないで」と、交際を始めた途端に束縛男に豹変しているのもドン引きです。


愛され桃花の語録としては、
初デートの夏祭り、屋台で買った一つのわたあめを両端からついばむ桃花と鳴海がわたあめを本体から引き剥がそうとしたら、わたあめはのお互いに口を結ぶ一本の線になってしまった。
思わぬ事態が起こって赤面する二人。そして桃花が一言。
「わたあめの いたずらっこーっ」
本当に桃花さんのワードセンスには痺れますね。

f:id:best_lilium222:20200603011609p:plain
わたあめ だけに あまーーーーーい!
ずっと残念に思うのは、桃花のブログに毎回のようにコメントをくれるソラさんのこと。
正体がバレバレのソラさんはもう少しうまく機能させることができなかったのだろうか。
後の巻でどうでもいい間延び展開に使われる謎の人物だが、両想いになる時にも活用してほしかったなぁ。
『4巻』でも桃花と鳴海がそれぞれ”偶然”ネット上の友達と一晩中メールのやり取りをしていたという描写があったけど、現実で会話があまり続かない二人がネット上で何の話題で盛り上がってたんでしょうね。