《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

かつて夫婦の交換をした著者ですもの、高校生カップルの交換などお手の物。

f:id:best_lilium222:20200229150420j:plain
吉住 渉(よしずみ わたる)
ちとせetc.(ちとせエトセトラ)
第4巻評価:★★(4点)
  総合評価:★★☆(5点)

幸翔と両想いになったちとせ。清綾と別れてくると幸翔は宣言。複雑な気持ちで、2人の別れを待つちとせに清綾からの呼び出しが! つらい過去の思い出から、一生別れないと誓った2人の深い絆を知ることに。幸翔を諦めてほしいと泣く清綾を前に…ちとせ、どうするの!? 【収録作品】番外編:幸翔etc.

簡潔完結感想文

  • 恋人との対話。多分、誰かと付き合い続けないと死んじゃう体質の4人。
  • 遺族との再会。意外な真相で死者をおとしめていた真犯人が明らかに。
  • 熱海での一夜。絆とは一瞬で代替可能と自分の身で証明する恥知らず。


読書中こんなに感情が揺さぶられる事も滅多にない。
というのも、こんなに嫌いな登場人物がコロコロ変わるなんて!の4巻。

『1巻』ではちとせ兄、『2巻』ではちとせ、『3巻』ではユキ、そして今巻では清綾。
腹立つ登場人物が本当にたくさんいる漫画だ。
本書はもっと世間で有名になって欲しいな。
登場人物全員バカ者、共感性ゼロのスワップ漫画として。


お互い本当に好きな人を忘れるためだけに付き合っているちとせと赤石、そしてお互い本当に大事な人を忘れないためだけに付き合っているユキと清綾。
この無理のある二組のカップルの本当に好きな人は互いの相手。

なら答えは簡単かというとそうではない。
特に後者の2人は複雑で、彼らが忘れないと誓った人はもうこの世にいないのだ。
自分たちだけが生きている罪悪感を一生抱えて2人で生きていくと決めた。
だがその取り決めで軽い浮気がOKのルール変更の時点で、もうそれはこの世の者のルールであって恣意的なものだ。
そこに気づかず罪悪感や絆という言葉にすがって生きている事を2人は気付かない。

だが今回、自分たちのかつての友達で罪悪感の象徴であって岬という男の子の遺族と偶然に再会する事で2人の関係は大きく動く。
ユキたちは病気で入院中、岬に隠れて付き合いだし騙すような形のまま旅立った岬へ複雑な感情を持っていた。

しかし遺族の語った話では岬は2人の関係を承知していたという。
その事実を知って長年の胸のつかえが取れていく2人。
遺族との面会が終わってすぐ清綾、あれだけ執着していたユキに向かって「岬 許してくれたんだね」「私たち 別れてもいいんだね」と言い放つ。


はーーーっ⁉ 開口一番それ⁉
長年悩んできた清綾の言葉が「岬 あなたを枷のように考えていたのね…」「私たち 間違ってたんだね」というニュアンスなら分かる。

だけど自分たちの浅はかな考えも反省せず、岬という神が許してくれたから、次の恋愛に向かいましょうという展開は都合が良すぎる。
これは健康だった私の偏見かもしれないが、子供時代に大病した人たちには大きな哲学とか達観した人生観などを持っていそうな気がするが、ユキと清綾には全くそれを感じない。

岬の名のもとに無理な交際を継続する事がどういう事なのか、他者から言われないと気づかないものか。
ユキに依存を深めていた清綾はともかく、ちとせという存在で清綾と距離を置こうとしたユキは、自力でその答えに辿り着いても良かったのではないか。
岬を貶めた罪を感じて欲しかったなぁ。
これだと本当に岬が恋愛のストッパーでしかないんだもの。
設定のための設定で浮かばれないよ。

f:id:best_lilium222:20200531000037p:plain
お兄ちゃんは いつでも お前のセイコウを願っているよ
晴れて自由の身になったユキと清綾はお互いの好きな人のもとへ向かう。
それは2人きりで熱海に旅行している ちとせと赤石のもと。
そしてここでも清綾さん大活躍。
赤石のもとに抱きつき、ちとせに謝罪し「勝手なことばかり言」うと断りは入れるものの、次の言葉は「お願い 駿を返して…」だもの。

もう素晴らしい言動ですね。
前恋人との別れから現恋人と付き合うまでわずか数時間。これは理性が吹っ飛んだまま動く女たちと、身勝手な行動の男1、下半身の欲望のまま動く男2、そんな登場人物たちのスワップ物語だ。

f:id:best_lilium222:20200531000155p:plain
男たちは彼女を交換する スワップ協定発動
清綾も相当に痛い人間だが、主人公のちとせも負けていない。
ちとせは自分の好きな人が自分を好きと分かっても、第三者に身体を投げ出すような選択をするのだから。

ちとせは恋愛と友情の板挟みに苦しむ設定なのだろうが、恋愛も友情も永遠ではない事を考えつかない。
保留とか熟慮とかそういうまどろっこしい事はしないんです。
だって前向きだから。恋を忘れるには恋、恋を進めるには肉体関係。
このちとせの造形には沖縄の人、本当に怒った方がいい。

物語的にも作為的に未遂に終わる赤石との一夜ですが、ここはちとせの浅はかさを表現するためにも完遂してほしかった。
そしてすぐ後に現れるユキたちによって本命の交換は成立するが、ちとせは後悔と罪悪感に悩む。
ユキとの交際を始めるがこの軽はずみな経験が胸につかえて心から笑える日は遠い、という苦い展開にして欲しかったぐらいだ。

ちなみに中盤の金城兄妹の夕食がメインの沖縄料理に白飯だけなのに憐れを感じた。しかも失敗料理。


「番外編:幸翔etc.」…
いつもは受け身のキスばかりだが、沖縄ではちとせにキスをしにいった事を疑問に思い始めるユキ。
ユキにとってちとせが特別というお話。
もしくは自分勝手なルールを恥ずかしげもなく披露するユキの恥ずかしい姿を見る話。