《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

君の誇りを汚すものから 君を守っていたい 『MIND CIRCUS』

f:id:best_lilium222:20200224142352j:plain
ぢゅん子(ぢゅんこ)
私がモテてどうすんだ(わたしがもててどうすんだ)
第11巻評価:★★★(6点)
   総合評価:★★★☆(7点)
 

声優である幼なじみ・三星と再会した花依。その後、三星が花依の学校に転校してきてから、彼女のことを想うあまり行動がどんどんエスカレート!花依を連れ去り、全国ツアーに同行させ、しまいには結婚するといいはじめて…!?三星の暴走を六見たちは止められるのか――! ショート3本も収録!

簡潔完結感想文

  • 収穫祭。花は咲き、求めていた果実が予想より早く実を結ぶ。
  • 結婚式。花嫁奪還のために5人のナイトが己のスキルで戦う。
  • 急転直下。花嫁を悲しませないためにナイトが身を挺して…。


三星が暴走が加速する11巻。あいつはナンバーズの3なんかじゃない、田中だ!!

自分の参加するツアーに花依を同行させ軟禁する三星
三星によって愛情と栄養とたくさん受けた花依は三星の理想の姿に変貌していく。
その姿を確かめた三星は花依に結婚を申し出る。
だが一方でナンバーズの面々も三星の計画から花依を救うために三星を追跡する…。

f:id:best_lilium222:20200604024709p:plain
万難を排し 準備万端の 恐怖のプロポーズ
三星が花依に繰り広げる論理もそれなりの説得力を持つ。
ナンバーズの面々は花依の変貌した姿に見惚れたのであって、自分こそが花依の原点・原型を知っていると主張する。
大事なのは深さより長さだと思う、みたい。
自分が崇める花依は10年前に完成していて、その頃から自分の心は少しも変わらないと訴える。

なるほど確かに変貌を機に態度を変えた男たちもいる。だがこの論理は後に花依によって論破される。
今巻の後半、クライマックスになってこれまで鳴りを潜めていた花依の強さが存分に発揮される。
そして自分を好いてくれているという点は同じでも、三星とナンバーズの確かな違いが明確になり、またそれに甘えていた自分を認識する。

花依の肉体的な強さはその後の場面でも発揮され、彼女は独力で道を切り開いていく。
戦うヒロインだ。
豊満な肉体を持つ者が皆、動きが鈍い訳じゃないとハトくんが教えてくれてますもんね。
三星のマネージャー赤井の存在意義は彼の手足となって計画を遂行する、その反面ナンバーズに計画の阻止をお願いする役どころか。
可哀想な立ち位置である。

f:id:best_lilium222:20200604024601p:plain
花依は自分が好きな花依しか見ようとしない三星を論破する
中盤の結婚式会場にいる花依を助けるために総力を結集している描写が面白い。
二科の財力、四ノ宮の男に好かれる美貌、先陣を切る五十嵐、六見の自己犠牲、七島の美少女戦士の必殺技。
まぁ、二科の財力は他に使いようがあるだろとか、四ノ宮は もうそういう担当なんですねとか、五十嵐は実は今巻で褒める所ないし、七島もそのキャラ担当なのか、とかツッコむ箇所は色々ありますが。
ただこれまで長々と繰り広げられた個人回(四ノ宮の姫騒動とか七島の遊園地ショーとか)が活用されている事が嬉しい。
読んできた甲斐があるというものです。


ラストに重大な事件が起きてどうすんだ⁉と思った次の話は番外編。
この局面で今巻の1/3を番外編が占めるとは…。
これは本当に最終回が近い時の展開です。
彼の容態もそうですが、今回の騒動の決着も気になるところ。

三星はどうなるのか。事件は公になるのか、担当していた声は降板するのか。
それによって花依は精神的にダメージを受けるのか。
すると三星に何の価値もなくなるのかなどなど、今まで以上に次の展開が気になる。
三星のように声優であれアイドルであれ大きな仕事に一区切りがついたら結婚する人いるんだろうなぁ。
昨日、声がかれるまで応援していた人が翌日に結婚発表なんて3次元は辛いですね。
永遠が約束されるのはやっぱり2次元でしょうか?


スペシャルショート -彼が××になるなんて-」
もしかして入れ替わってる⁉ネタですね。
六見兄弟と猫の入れ替わりを修正するはずが、他の人まで次々に人格が入れ替わっていく。
六見兄弟はともかく男女の入れ替わりは大問題。
五十嵐に入れ替わった花依はトイレ問題に直面し四ノ宮の助けを借りるという見た目はアレな展開。
花依の身体には五十嵐が入り、男子思考丸出しのエロ輔の魔の手から花依の肉体を守るため奔走する二科と七島。

続いて二科と七島が入れ替わった時点で腐女子二人が男性の肉体を手に入れ好き放題。
こうやって女子だけ損するのではなく男子もダメージを受けるのがこの漫画ならではだ。
一人騒動に巻き込まれただけの四ノ宮にはまさかのオチがつく。
恋愛が絡む本編ではなく番外編だとドタバタコメディが心ゆくまで楽しめますね。
男女の入れ替わりも下品の本当に一歩手前で収まってますし、BLネタを挟む余地がたくさん出来る。
恋愛漫画じゃなくキャラクタ漫画としてはまだまだ楽しさの幅があることを再確認した。
もう五十嵐のキャラはこっち(エロ輔)にシフトしたんですね。