《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

天の光はすべて星 星が綺麗ですね でもお天道様の下じゃ星は見えません。 

f:id:best_lilium222:20200625202402j:plain
北川 夕夏(きたがわ ゆか)
影野だって青春したい(かげのだってせいしゅんしたい)
第7巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★☆(5点)

遊園地デートでついに光永さんと初キッスをした影野。ラブラブなクリスマスを過ごそうとする2人だけど、影野に本気で想いを寄せるイケメンが現れて!!?いつまでたっても、こじらせ一直線! でも本気の三角関係にどうする影野!?な、第7巻☆

簡潔完結感想文

  • ずっと影野のターン。7巻は影野キス回。歯痒いのよ、その唇。
  • 6巻と対称的な構造。キスにはキスを、同級生には同級生を。
  • クリスマス回は、影野とモテ期 season 2。真のライバル登場。

影野が完全にリア充側の人間になってしまった7巻。
何だかんだで高校生活の2年で3人の男の子に告白されてます…。

多分、『6巻』と7巻は鏡写しの構造になっているのではないか。

『6巻』の最後で光永に初めてキスをされた影野は、今度は自分からキスする事を目標に孤軍奮闘する7巻冒頭の話。
そして『6巻』前半が光永の小学校の同級生をめぐる話に対して、7巻後半は影野の小学校の男友達が登場する。
2巻で1セットの構造で、今度は自分にライバルが登場して心が穏やかではいられない立場になった光永の態度も楽しめる。

7巻単体としても、影野のキスをめぐる物語と言える。
初キス以降、光永を見るだけで胸が苦しくなるようになった影野。
その症状を相談すると友人・吉川さんはキスに慣れろという大雑把なアドバイスをくれる。

f:id:best_lilium222:20200625203229p:plain
初キスが夢でないことを証明する光永のキス。
そこで今度は自分からキスをしようと決心するのだが、というのが前半で、それが影野なりの形で叶うのが最終盤。
これはもう小さな恋のものがたりだ。
成功の前には数々の失敗もするけれど、ネガティブになるよりもアクティブに動く影野が見られるようになっている。


7巻では影野を本当に好きな男子・星村くんが登場。
彼は『4巻』の沼田くんのような、かりそめの気持ちではない。
影野と同じ小学校の頃、お互いいじめられっ子だった事もあり、同じ時間・境遇を過ごした星村。
言及されていないが影野と近所に住んで入るものの、中学高校は別で、小学校以来の再会。
星村はずっと影野に感謝と懺悔の気持ち、そして好意を抱えていた。

影野にとって光永が光であるように、星村にとっては影野こそ、強く優しい自分を変えてくれる光なのだ。
これからの星村の星は恒星になるだろうか、惑星なのだろうか。
ちなみに同級生・星村の外見はまんま黒髪の光永ですね。
星村と影野が交際したら、星村が空回りながら成長する姿は見えるけど、影野はどうなるのだろう。
うーん、やはり光永ほど強烈な恋心は生じない気もする。

f:id:best_lilium222:20200625203412p:plain
影野の良さを知るもう一人の男・星村
そして星村を前にした光永の反応がいいですね。
自分への好意なんて考えない影野だったが、光永は同じ想いを持つ者として星村の好意をいち早く察知する。

そして光永は星村を牽制するように、自分たちの交際を彼に伝える。
『6巻』で影野は光永とその初恋の人(推定)の幸せを願って身を引こうとしたが、光永の場合は一歩も引かない。
そして独占欲まで影野に告白する。
それだけ影野が大事な存在になったのだ。

f:id:best_lilium222:20200625203321p:plain
白王子と黒王子、影野を巡る男たちの密かな戦い。
バイト先での窮地を救った「マジックショー」も影野がほんの一言呟いたクリスマスの構想の言葉だ。
それを聞き漏らさず、練習を積んでるところで光永の真摯さが伝わる。
影野ももちろん星村の気持ちを知ってもその気持ちは少しも揺らぐことはない。
光永への想いに全て「一生」が付くのが重いところだが…。


しかし作中でもフォローがあるけど、期末テストの前で未経験の接客バイトをするって、影野的にはなかなか無謀ですね。
慣れないバイトでやつれながら勉強も及第点を獲得って、影野レベルアップしたんじゃないか。
あと、姉のとんでもない醜態を見てしまった影野弟、彼はアイス好きだね。