《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

ソファに座って、テレビに向かって、不安に打ち克って!!

空に向かって

空に向かって

感想は コチラ に。
どうもこんばんは、愛おしくて 愛おしくて 澄み渡るbest_liliumです。
フィギュアスケート安藤美姫選手、世界選手権優勝おめでとうございます!! …って、今更その話題かよっ!!
4年前と同じメダルの色のはずなのに、そのメダルには全く違った意味があり、全く違う彼女の輝きが放たれていましたね。日本の現状、代替開催という中での今大会の安藤選手のSP、エキシビションを私はこの先、忘れる事はないでしょう。エキシビション(のアンコール)では彼女の演技本来の長所である会場全体を巻き込むパワーが発せられ、そしてSPでは4年前の彼女にはなかった会場を浄化させていく神聖な微笑みがあった。4年前、いや1年前とはまるで違う彼女の姿は本当に美しかった。4年前も大好きだったが、その4年前を圧倒するほどに彼女は進化している事が一ファンとして大変に嬉しい。本当にありがとう、そしておめでとうございます。
技術的には今季はスピンが美しいですね。特に今大会ではレイバックも含めて全てレベル4 +加点。難しいポジション×2の癖になるシットスピンに、更に深く速く美しくなったコンビネーションスピン。厳しくなったスピンのレベル要件にもしっかり対応していた。
ただ、好きだからこそのたくさん要望もあって、プログラムやジャンプ構成に関してはここ数年不満が残り続ける。立ち止まるモロゾフプロ以外も見たいし、回避し続ける高難度連続ジャンプもそろそろ見たい。要はモロゾフコーチの強烈な色と戦略から脱却して欲しいという要望なんだけど。
浅田(真)選手は四大陸選手権のFSの夢の続きが見られなくて残念でした。四大陸のFSはスケーティングが素人の私でも上達したのが分かったので更なる進化系を期待していましたが、今回は震災と順延によってコンディションを整えられなかったみたいですね。村上選手はSPは目に見えて緊張していましたが、FSのステップは本来の滑りをしていたのでは。3-3の厳しい判定はどうなんでしょうねぇ…。
そして男子では小塚選手が銀メダル獲得。この日記では06年に初登場して以降、かなり贔屓にしていたので嬉しい。これまでの世界選手権では来季の出場枠確保に大いに貢献したという結果だけが残っていたが、先輩2人が色々あった中、日本人選手最上位である。
高橋選手はまさかのトラブル。しかし現役続行宣言が飛び出したのは、ファンには災い転じて、かな? 織田選手は…、何も言うまい。計算上は、世界選手権で複数のメダルを手にしていたであろうに…。計算上は。