《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

地味にお届け、派手に轟け。

君に届け 8 (8) (マーガレットコミックス)

君に届け 8 (8) (マーガレットコミックス)

「きょうのまんが」。2年生になりました。もしや卒業までこのペースで続けるつもり!? もう8巻です。これまでの話を振り返ると千鶴のエピソードは要らなかったのでは、と早くも思う。完全な脇道。2人の小さな恋を丁寧に描いてるのは分かるのですが、付かず離れずの関係は焦れったい。カップル成立後に別れる別れないで引っ張る展開も嫌いですが(我がママン)。
この巻から新キャラが本格的に始動。少女漫画ってどうして軽薄なプレイボーイが1人登場するんでしょうね。大抵、最初は女性主人公をからかっていたのに、その内に段々と主人公の事が好きになってしまうのだ。そして思わず告白や抱擁している現場を主人公の片想い(実は両思い)の男性に見られ、三角関係のギクシャクした空気を漂わせる事、約3巻分。結局、ラストでは振られちゃうんです。本命の恋ほど実らない、かませ犬役。連続ドラマで言う所の谷原・章介さんのポジション? この漫画のケントくんはどうなることやら。爽子ちゃんを好きになる気配は、今の所ないみたい。なったら、それこそ凡庸な展開だなぁ…。