《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

おまわりする犬、迷子になる猫。

遠まわりする雛

遠まわりする雛

感想は コチラ に。
良い作品は題名も秀逸な事が多くて、本書も大変素晴らしい。「遠まわりする雛」、この言葉だけで掉尾の短編を読んだ時に頭に浮かんだ、あの美しい光景が甦ってきます。しかし、その素晴らしさまでもパロディにしてしまう私の無礼さと言ったら…。
正直、今までの米澤穂信作品は(「ボトルネック」「インシテミル」など)些か評価が高すぎると思っていましたが(特にネット上)、この作品は私も文句無しに大好き。これまでと同じようにちょっと青臭く、物の見方が少し酷薄なんだけど、甘酸っぱくて歯痒くて美しい。ミステリとしてもバリエーションが豊かで、収録されている短編では表題作の他、「心あたりのある者は」「あきましておめでとう」が謎・ルール設定ともに個性的で好きです。
本書は私にとって米澤作品のベスト1,2を争う作品。ちなみにNo.1の座を争ってる相手は「犬はどこだ」です。あれれ、偶然にも見出しに使った動物が登場。どうやら子猫ちゃんだけでなく、警官である犬まで迷子になってしまったようです。ミイラ取りがミイラで、困ってしまってワンワンワワーン♪ でもGPSがあるから大丈夫。35°41'N 139°42'Eに子猫ちゃんの家発見!