《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

地図の独り言。

独白するユニバーサル横メルカトル

独白するユニバーサル横メルカトル

感想は コチラ に。
小説を読んで漫画化や映像化を願うのは本読みとして少し邪道なのかもしれないが、↑の本は漫画家の冨樫義博さんに漫画化して欲しい、と強く思った。冨樫さんの黒い、残虐描写を描いてしまう一面と妙にマッチしている知性的で残酷な世界観なのだ。収録されている短編では「Ω(オメガ)の聖餐」「オペラントの肖像」などは読書中ずっと背筋がゾクゾクするような漫画にしてくれるのではないかと夢想。しかし本書の内容は、小説、文字の羅列だから発売できるものであって、漫画、それも冨樫さんの絵での残虐描写となると黒塗りどころか発売禁止になる可能性があるかも。万が一、発売できてもやはり黒塗り、R指定作品になるだろう。それに小説を漫画化するよりも「HUNTER×HUNTER」の続きを描けって話ですよ…。