《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して…。なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。


初・宮部みゆきさんです。なぜこの作家さんが人気を得るのか分かったような気がします。それは、読みやすいからだと思う。これは決して文章が平易という意味ではなく、難しいことも「さらっ」と読めるように書いてしまう能力に長けた人なのでしょう。この話はあらすじにある通り、カード社会の功罪をテーマに置いています。解説に佐高信さんが書いてある通りにカードの入門書としてもふさわしい一冊(逆に不安になって持ちたくないなとも思いますけど)。カードを持たずとも知識として持っていた方がいい。無知は自分の罪となって降りかかってきます。
本編の感想としては、終わり方もそうなのですが、一人の謎の女性を追い求めるという所でも東野圭吾さんの『白夜行』に似ているなと思いました。この2作を読んだのが2ヶ月と間を空けてないので特にそう思ったのかもしれません。どちらも「そのような状態」になってしまった女性の悲哀が現われています。このような、この時代特有のシステムから起こる犯罪を書くと同時に時代物でも評価の高い宮部さんの才能に脱帽した一冊でした。一冊で尊敬してしました。

火車かしゃ   読了日:2002年10月20日