《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

よいミステリには美しく自然で簡明な謎解きが必ずある。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。


ガリレオシリーズ第3弾にして初の長編作品。ご存知の通り本書は直木賞を始め数々の栄冠に輝き著者の新たな代表作となった。ベテラン作家の域に達しても尚、代表作を生み出し続けるなんて、圭吾、…恐ろしい子
『よい定理には美しく自然で簡明な証明が必ずある』、とは作中に引用されたある数学者の信念。これはそのまま東野ミステリにも通じる。「よいミステリには美しく自然で簡明な謎解きが必ずある」。そんな著者の信念が強く伝わるほどに、本書の謎解きは簡明であった。だからこそ美しく、だからこそこの数式を解けなかった自分が悔しい。そして本書には数式の先にもまた信念があった…。
本書は倒叙ミステリ形式で語られる。ただし変格である。事件を隠蔽するのは、前夫を手にかけた靖子と美里の親子ではなく、彼女たちの隣人で、不遇の天才数学者・石神。彼は自身の冷徹な頭脳で彼女たちの盾となる事を決意する。当然、靖子たち親子に嫌疑をかける警察。そして刑事の草薙を通じて事件の概要を知った物理学者・湯川は、容疑者の隣人が大学の同級生である事を知る。かつての友人との再会で湯川はある思いを抱き始める…。
読書中浮かび上がる、登場人物を結ぶ幾つかの三角形。石神―靖子―美里を結ぶ秘密を共有する三角、靖子―美里―富樫の壊れた家族の三角、石神―靖子―工藤の靖子を巡る三角、湯川―石神―草薙の同窓の三角と湯川を巡る三角(笑) どの三角も罪をその中に内包しているため脆弱で歪である。読者は湯川に探偵役として快刀乱麻を断つ推理を期待しながらも、情状酌量の余地がある事件に対し、石神が警察から靖子たちを守り切る結末も願わずにいられない。
やはり本書の中で際立つのは石神という変数の存在。靖子たちや読者にとっても、突然、事件隠蔽工作を請け負う石神は不気味な存在に映る。共犯者が脅迫者になるのはよくある話。なので上述の三角の中で私が最も巧妙な配置だと思ったのは石神―靖子―工藤の三角形だった。工藤の登場により石神は靖子の中でも恋の足枷となり始め、更に石神が後ろ暗い行動に走るに至って、読者の石神への疑惑は決定づけられる。そんな中、徹頭徹尾、石神という人間に敬意を払い続けたのは皮肉にも石神の敵となる探偵役の湯川である。石神の人間性を、思考を正確にトレース出来る者だけが、事件を、彼の真意を完全に理解する。今回の湯川の背中には"全知"であるが故の探偵の苦悩が重く科せられている。その所為で草薙に嫉妬されちゃう(笑)、踏んだり蹴ったりの探偵ガリレオ
そして謎解き。謎解きに必要な数式はたった2行。多くても5行で私たちは全てを理解する。勿論、湯川の推理が全て正しい事が証明されるには多くの文字が費やされるが、核心は2行。それは美しく自然で簡明で、しかし同時に恐ろしく不自然で酷薄なたった一つの解。更に、ミステリ=トリック+動機である事が多い中、本書はトリック×動機の数式を見事に体現した稀有な作品である。なぜトリックを仕掛けたのか、答えの果てにその人物の信念が映し出される。信念もまた簡明なのだが、私には到底、理解不能だった。けれども同時にその高潔で崇高な精神に畏敬の念も抱くという二律背反。暫く、解の出ない問いが渦巻いていた。
(ネタバレ感想:反転→)メイントリックも衝撃的だが、石神が靖子たちの殺人に気付く推理、湯川が石神の恋情を見抜いた瞬間なども唸らされた部分。
やはり一般的な思考では不自然な石神の「献身」ではあるが、自死を決意し実行直前の石神の前に現れた靖子は彼にはメシア(もしくはマリア)に見え、それは愛と言うより宗教的体験に近いのではないだろうか。もっと現実的に言えば多幸感。大病からの回復や危機一髪の後に世界が一転して美しくキラキラ輝くあの感覚。
連想したのは『罪と罰』。石神と靖子の関係性はラスコーリニコフとソーニャのそれと似ている気がした。男たちは優秀な頭脳を持つが、家庭環境から不遇の人生を送る(ホステスと娼婦を同一視するのは問題だね…)。構成が倒叙形式である所も相似を成す。もう一つ連想したのは中島みゆきさんの「空と君とのあいだに」の『君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる』という歌詞。石神は靖子の人生のために罪も罰も一身に受ける覚悟を決めた。他人の罰を被る手段としての罪。その本末転倒の犯罪。それが『博士の愛した数式』(>言いたいだけ)。 (←)

容疑者Xの献身ようぎしゃえっくすのけんしん   読了日:2010年04月13日