《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

卒業 (講談社文庫)

卒業 (講談社文庫)

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。しかし、第2の事件はさらに異常なものだった。茶道の作法の中に秘められた殺人ゲームの真相は!?


今や東野圭吾さんのシリーズ代表格でもある加賀恭一郎シリーズの探偵役・加賀恭一郎氏が初登場の作品。しかも、その加賀恭一郎くんが冒頭から女性に結婚してくれ!?初読時には別段普通の推理小説だったが、後から読み返すと聞き捨て(読み捨て?)ならない状況じゃないか。今や立派な刑事である加賀君の分岐点。当初は先生になるはずだったが、卒業間近に進路を変更し、警察官になることに。加賀恭一郎の出発点として加賀ファン必読の本。ちなみに結婚しようといった二人の結末は‥後のシリーズ本から想像するしかない。
事件の方ははっきりいってよく分かりません。発表時この本には副題があって、「卒業 雪月花殺人ゲーム」というのが正式な題名だった。この雪月花というのは茶道の作法の一つで、この作法を使って仲間で茶道を楽しんでいた途中に(乙な大学生たちである‥)事件が起きる、という設定。作法の流れに沿って殺人を犯すという前代未聞の方法。はっきり言って茶道の作法はよく分からなかったし、なぜそれを使用しなきゃいけなかったのかも分からない。トリック先行のミステリではないかと思う。もう一つの事件に関しても、今では当たり前のことなのかもしれないが、普通に読んでいたら分からない。こちらも閃いたトリックを使用したといった感じ。

卒業そつぎょう   読了日:2001年02月03日