《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

仔羊たちの聖夜(イヴ) (角川文庫)

仔羊たちの聖夜(イヴ) (角川文庫)

通称タックこと匠千暁、ボアン先輩こと辺見祐輔、タカチこと高瀬千帆。キャンパス三人組が初めて顔を突き合わせた一年前のクリスマスイヴ。彼らはその日、女性の転落死を目の当たりにしてしまう。遺書、そして動機も見当たらずに自殺と結論づけられたこの事件の一年後、とあるきっかけから転落死した女性の身元をたどることになった彼らが知ったのは、五年前にも同じビルから不可解な転落死があったということ。二つの事件には関連はあるのか?そして今また、新たな事件が…。二転三転する酩酊推理、本格ミステリシリーズの逸品。


初読の時には文章そのまま読んでいましたが、シリーズの話が進んだ今、読み返してみると所々、タック・タカチ・ボアン先輩の微妙な関係の変化が読み取れます。『解体諸因』から始まったシリーズですが、ここにきてようやく、3人の出会いから語られてます。ここまでは、時間が飛んでいたり、ミステリの謎解きが想像だけで展開されたりと、多少の読みにくさを感じましたが新たなステージに突入した、という感じです。ここから3作は秀逸の一言ですね。毎回息をのむ展開です。
この事件の真相をなぜタカチがあんなにもタックに解かせたくなかったのか、連続する事件の中でその危険を感じ取ったタカチの思いを考えさせられます。冒頭で話が1年前に戻るのですが、1年前のタカチと1年後のタカチの変化も見所の一つだと思います。と、まぁタカチに焦点を当てすぎな私は、タカチが大好きなんデスね。ボアンもタカチも突飛な人だけれども、突飛の中にある誰よりも分かっている優しさや、大切なものを守ろうとする力がとても好きです。事件の本質は『依存』に繋がるものがあります。愛という名の束縛・欲望。シリーズを通してだけではなく、1冊の本としても、とっても大切な一冊です。

仔羊たちの聖夜こひつじたちのイヴ   読了日:2001年01月16日