《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

タイムリミットに怯えてるようじゃ。

下巻突入。

やっと下巻。話の本質が見えてこないので速度が出ません。
構成としては面白いけど、展開として飽きる。
浅田次郎だから、きっと感動させられるんだろうな、
と思うと天邪鬼が顔を出すし。


北村さんの「六の宮の姫君」も再読が終わりそう。
私には「文学」はよく分からないけれど、
知識欲というか調べる事・学ぶ事の大事さが
全面に出ていて、元・教師の北村さんらしい印象。
読むといつも、もっと本を読もう、って思わせてくれる。