《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

パレード (新潮文庫)

パレード (新潮文庫)

お昼のそうめんでお腹がくちくなり、センセイとてのひらを重ねまどろむうちに、ツキコさんの心にぽっかり浮かび上がる少女の日々。ある日突然あらわれた「モノ」たちとの交わりと、胸の奥が小さく波立った教室でのあのこと。忘れかけていたけれど、ずっと心の底に残っていた不思議な出来事を、愛らしいイラストとともに描く、名作「センセイの鞄」から生まれ出たもうひとつの物語。


『センセイの鞄』ファンが続編・姉妹編を希望する、というのはよく分かる。だけど、私はどうしてもこの本に商売の臭いを感じてしまう。『センセイの鞄』はあれで、一つの話として完結しているのに…。なんで余計な手を出すのだ、と。
妙にファンタジーっぽい話というのもツキコさんにそぐわない感じがした。これがとっても私の性質と合わない。好きな人には好きなんだろう、と思った。感受性が高かったりすると尚更だろう。だけど私の感想は「なんじゃそりゃ」。

パレード   読了日:2003年05月17日