《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

空中ブランコ (文春文庫)

空中ブランコ (文春文庫)

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が……。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!? 直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾!


読了してから時間の経過しても忘れられない作品があり、登場人物がいる。その意味では伊良部はずっと忘れられない人かもしれない。「前作」では、その言動に戸惑ってしまった伊良部ですが、今回はずっと好きになりました。なるほど彼は5歳児なのか…。 もちろん真剣に悩んで精神を患う人もいるのは承知しているが、案外、大人になって抱え込んだややこしさを一度捨てると良いのかも、と思えてくる。伊良部の打つビタミン剤は何にでも効く万能薬だったりして…!?
今回は各職業特有の病とも言える精神病に、伊良部のその職業への初挑戦が加わる。追い込まれるだけ追い込まれる患者の描写が絶妙に面白いし、伊良部の挑戦にはナゼか勇気を与えられる。やっぱり伊良部は名医なのかもしれない!?

  • 空中ブランコ」…表題作。企業として近代化するサーカス団。しかし生え抜きの空中ブランコのフライヤーは失敗を重ね続ける…。原因は明らかな話を伊良部の空中ブランコ挑戦シーンが引っ張っている。最後の1行まで笑える作品。
  • ハリネズミ」…先端恐怖症に陥ったヤクザの男。段々と症状は悪化し、何から何まで尖って見える。そこへ持ち込まれた問題は…。絶体絶命のピンチを切り抜ける苦し紛れの策が面白い。スプーンで食事する姿はさぞ滑稽だろうな。
  • 「義父のヅラ」…大学の附属病院に勤める池山の義父は医学部の学部長でヅラ。抑圧された池山の心はとんでもない事をやらかそうとする…。代償行為がホント下らない!2枚目の登場人物の学生時代や過去はとっても知りたいけれど、伊良部の学生時代は全く気にならないものですね…。ゴメンよ、伊良部。
  • 「ホットコーナー」…ベテランサードの坂東は一塁に送球できないスローイング・イップスになってしまった…。伊良部、野球に挑戦の回。一文字違う野球選手は野球事情に詳しければもっと楽しいのかな、なんて興味の無い私は思った。
  • 「女流作家」…売れっ子恋愛小説家の愛子は、執筆中に以前書いた内容と重複してないか気になって仕方なくなってしまうようになった…。私の偏見からの恋愛小説像はこんな感じ、つまり「全部同じような話」。最近は男性作家も甘いだけの話を量産しているような気もしますが。商売か品質か、どこの世界でも難しいのですね。

空中ブランコくうちゅうブランコ   読了日:2006年02月04日