《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

浅田真央 age15-17 (文春文庫)

浅田真央 age15-17 (文春文庫)

超一流の技術と可憐にして繊細な表現力。天才と呼ばれた少女は世界のトップアスリートへと成長し、その可能性は未だとどまるところをしらない。いち早く浅田真央の才能と魅力に着目していた著者は、長きにわたる取材を試み、温かな視線で真央を見つめつづける。精緻な文章と貴重な写真で、青春の日々を綴った傑作ノンフィクション。


書名の通り、フィギュアスケート選手の浅田真央の15歳〜17歳を取材した本。著者がスポーツライターとしてどの程度の知識や経験、文章力があるのかスポーツ書籍を読まない私には分からないが、著者は他のどのライターより真央に、そして浅田家に近しい人物であることは間違いない。気の置けない関係だからこそ語られる事、見えてくる事。真央の確かな成長の軌跡を具に捉えた一冊。
浅田真央の15歳〜17歳がどんな年だったか簡単に明記すると、

  • 15歳、05-06年シーズン。それは特別なトリノ五輪シーズン。グランプリシリーズデビュー。グランプリファイナル初出場・初優勝。一躍有名に。全日本選手権で準優勝。しかし年齢制限で五輪出場はならず。彼女の夢は4年後へ…。
  • 16歳、06-07年シーズン。シニアの試合に本格参戦。環境の変化と試行錯誤の日々。日本選手権初優勝。世界選手権初出場で準優勝。
  • 17歳、07-08年シーズン。日本選手権連覇(個人的には安藤美姫選手優勝の気もするが…)。四大陸選手権、世界選手権初優勝。念願の世界女王に。

本書は9月25日生の彼女が18歳を迎える08年シーズン開幕直前まで描かれている。真央は3年で世界女王になり、そして3年間1度も表彰台を逃していない。

私は心の中で勝手に最上級の敬意を込めて「真央」と呼んでいる。また浅田選手と呼ばないのは姉の舞がいるという思いからである。近年(09年シーズン頃から)、浅田真央に対するマスコミの報道において「幼い」「表現力に欠ける」など手厳しい評価が噴出したが、批判と同時に二枚舌で一人のアスリートをいつまでも「真央ちゃん」呼ばわりする彼らには呆れるばかり。彼女にいつまでも15歳の頃の、氷上の妖精としてのイメージを抱いて、曇りきった色眼鏡で見ているから彼女の進化が見えないのだ。今回のように真央の3年間を連続して追うと、多感な時期を過ごす彼女の内面が分かる。純真な部分を失わず、周囲への感謝を忘れずに、彼女はスケートを通して成長を続けていた。作中での試合の度に動画サイトで当該の試合を見るのが面白く、3年間の彼女の劇的な変化に驚かされた。毎年、違う内容のプログラムに挑戦しているのがよく分かった。
私は徹底した天邪鬼だから、彼女が脚光浴びた頃もそれほど魅かれなかった。しかし毎年確実に、そして格段に向上する技術に徐々に目は奪われ始める。彼女の最も好きな美点は何と言ってもその精神力である。本書の中での3年間、怪我をしていても、調子が悪くても、トラブルに見舞われても、彼女は決して言い訳をしない。不調の原因は試合後にようやく初めて明かされる。彼女は決して陰性の発言をしない。言った時点で己に負けるから。間違いなく彼女は誰よりも強い。
著者は真央というよりも、真央の母・匡子の友人である。だから浅田家の方針の全ては肯定的に描かれる。家族の一風変わった関係、日本を拠点にする事、コーチの選定。18歳からの真央が苦しめられる技術的な問題なども否定的には書かれていない。その辺はノンフィクションとしては偏向してるかな。
また著者は真央が闘うのは己自身だけ、と書きながらも矢張り同じ歳のライバル、キム・ヨナ選手の事にも幾度か言及している。触れないのもまた不自然であるし、そうしなければならない事情もあろう。著者の文章の中にはヨナ選手や韓国の観客などに対して、微妙な表現を駆使している箇所が結構ある。
個人的に驚いたのが06-07年シーズンの「チャルダッシュ」の真央本人の全否定。失敗だったと言い切る。確かにシンデレラは階段を急いで昇ろうとし過ぎたか。この3年間で私が一番好きなのは07年のSP「ファンタジア」。真央は人に涙を見せたくない、と言う。だが3年間で彼女は何度も涙を流した。けれどもそれは彼女の重ねてきた練習の厳しさを示すものでもあろう。
今はバンクーバー五輪が閉幕して約3ヶ月後の10年06月。真央はもうすぐ20歳なる。この時間の経過が読書に多彩な感情をもたらした。15歳の真央のオリンピックへの、金メダルへの純粋な思いを読む度に胸は痛む。15歳〜17歳(または19歳まで)という女性スケーターにとって難しい時期を彼女は練習と自己修正を重ねる事で大過なく過ごした。それはとても幸運な事だ。そしてこれから20代に突入する彼女のスケートがより成熟していく事を私は期待せずにはいられない。
余談:文章の読点の多さに気を奪われた。文節分けしてるの?と思うほど多い。

浅田真央 age15-17あさだまお age15-17   読了日:2010年06年04日