《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

書名リンクから感想文にジャンプします(※リンクのない本は感想文がありません)。


+ 2001年 個人的ベスト10 +
順位タイトル(著者)ひとこと選評
第1位
『依存』西澤保彦
文句なし。魂抜けた。ただシリーズモノなので予備知識が必要。
第2位
『火蛾』古泉迦十
言葉で言い表わせない真理。よく練られた話です。
第3位
『盤上の敵』北村薫
北村さんのシリアスなミステリ。胸がざわついた作品。
第4位
『GO』金城一紀
無骨なようでみんな愛にあふれた爽やかな小説。
第5位
『女王の百年密室』森博嗣
ある世界の、あるルールの、ある盲点。
第6位
『ミミズクとオリーブ』芦原すなお
空腹時は要注意。「続編」もお薦めです。
第7位
『スコッチ・ゲーム』西澤保彦
1位の作品と同じ「匠千暁シリーズ」。ここから「依存」に繋がる。
第8位
『仔羊たちの聖夜』西澤保彦
西澤さんばかりのランキングですね…。これも切ない。
第9位
『双頭の悪魔』有栖川有栖
主人公のアリスも好きだし、本格ミステリとしても好き。
第10位
『垂里冴子のお見合いと推理』山口雅也
雰囲気と論理が好き。こちらも「続編」あります。
+ 2002年 個人的ベスト10 +
順位タイトル(著者)ひとこと選評
第1位
『プリズンホテル(春)』(浅田次郎
ワンワン泣いてしまった。最終巻、大団円。
第2位
『スキップ』北村薫
ハズレなしの北村さん。時と私、今を生きよ。
第3位
『翼はいつまでも』(川上健一)
青春小説。60年代、ビートルズと純情。
第4位
『ターン』北村薫
北村さん2作目のランクイン。時と私、あなたの元へ。
第5位
『プリズンホテル(秋)』(浅田次郎
浅田さん2作目。ノンストップの面白さ、そして感動。
第6位
『青の炎』貴志祐介
青春ミステリ小説。17歳の孤独な犯罪。
第7位
『煙か土か食い物』舞城王太郎
舞城王太郎は天才かも。スピード出しすぎ。
第8位
『火車』宮部みゆき
カード社会の落とし穴。ご利用は計画的に。
第9位
『MISSIN』本多孝好
期待の新人(当時)。"喪失"を書かせたらすごい。
第10位
『それでも、警官は微笑う』日明恩
潮崎くんの性格と設定で心奪われました。ライト警官小説。
+ 2003年 個人的ベスト10 +
順位タイトル(著者)ひとこと選評
第1位
『大誘拐』天藤真
20年前の作品。20年間すたれなかった作品。痛快っ!
第2位
『僕は勉強ができない』山田詠美
気持ちがスカッとする小説。秀美くんはカッコいい。
第3位
『風が吹いたら桶屋がもうかる』井上夢人
牛丼屋+ミステリマニア+超能力者≠明かされる真実。
第4位
『ふぐママ』室井滋
個人的趣味。ふぐママは室井さんに匹敵する強烈な人物。
第5位
『木曜組曲』恩田陸
5人の女性と料理と推理。明かされていく真実の先には…。
第6位
『四季 春』森博嗣
『すべF』までの真賀田四季。交差する物語、天才の航路。
第7位
『王妃の離婚』佐藤賢一
中世の法廷。かつてのカルチェラタンの天才が再び起つ。
第8位
『レディー・ジョーカー』(高村薫
合田雄一郎シリーズ、最高峰にして到達点。
第9位
『生ける屍の死』山口雅也
死んだはずが生き返る。ミステリの不可能に挑んだ力作。
第10位
『七回死んだ男』西澤保彦
7回同じ日を繰り返す体質がなせるミステリ。
+ 2004年 個人的ベスト10 +
順位タイトル(著者)ひとこと選評
第1位
『カラフル』森絵都
泣いて笑って、読後感は爽やかの一言。是非読んで!
第2位
『亡国のイージス』福井晴敏
評判通り。日本の在り方を考えずにはいられない。
第3位
『神は沈黙せず』山本弘
怖い、しかし面白い。読んでいて背筋がザワザワ。
第4位
『ああ言えば』シリーズ』阿川佐和子檀ふみ
品と知性のある罵倒合戦。シリーズ2作とも好き。
第5位
『『DIVE!!』シリーズ』森絵都
森絵都の1年。森絵都のスポ魂。地球をもう一周!!
第6位
『風に桜の舞う道で』竹内真
青春と10年ぶりの再会。一度で二度美味しい浪人小説。
第7位
『迷路館の殺人』綾辻行人
今年一番意外な結末。やられた〜!と声をあげた一冊。
第8位
『象と耳鳴り』恩田陸
『六番目の小夜子』と併せて関根ファミリーの魅力を堪能。
第9位
『終の棲家は海に臨んで』小森収
展開が読めない小説。なんだこうなってしまうんだ!
第10位
『黒の貴婦人』西澤保彦
四人の関係性が切ない。けれど目新しい進展ナシ…。
+ 2005年 個人的ベスト10 +
順位タイトル(著者)ひとこと選評
第1位
『卵の緒』瀬尾まいこ
中でも「卵の緒」は完璧。幸せな気持ちになれる幸せな小説。
第2位
『家守綺譚』梨木香歩
しっとりと美しい日本。万物との対話に酔わされる。
第3位
『ステップファザー・ステップ』宮部みゆき
キャラ萌え小説? 宮部さんは人を描くのが上手いな〜。
第4位
『街の灯』北村薫
人の隠している刃や、華やかさと表裏一体の闇が胸を打つ。
第5位
『ラッシュライフ』伊坂幸太郎
伊坂さんには「The ミステリ」を書き続けてもらいたい。
第6位
『本棚探偵の冒険』喜国雅彦
全ての本読み感涙の書。どう並べるか、それが問題だ。
第7位
『父の縁側、私の書斎』檀ふみ
檀ふみさんの文章は艶っぽい。しみじみと読んだ一冊。
第8位
『さぶ』山本周五郎
かいた汗だけ絆が深まる。主人公はさぶ?栄二?
第9位
『犬はどこだ』米澤穂信
米澤作品を読破した1年。書く度に上手くなっていると思う。
第10位
『対話篇』金城一紀
どの短編もとても好き。クオリティが高い作家さんである。