《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

青Ao-Natsu夏

困難の多い2人の恋愛に大人たちは余計な口を挟まない。聞こえるのは蝉の声だけ『青Ao-Natsu夏』

青Ao-Natsu夏 全8巻完結セット (講談社コミックスフレンド B) [マーケットプレイスセット]作者:南波 あつこ講談社Amazon南波あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 私的評価:★★★☆(7点) 蛇足度:☆(1点) 理由:本書の1ページ目から最後までが「夏」…

王子様からのキスは姫を眠りから覚ますのではなく、夏を終わらせ、秋を目覚めさせる。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第08巻評価:★★★★(8点) 総合評価:★★★☆(7点) これ以上、好きになってしまう前に、吟蔵を想う気持ちを終わりにしようと決めた理緒。だけど上湖村で過ごす最後の日の夜、みんなと作った映画を観ているう…

地球が終わるほどの悲しみが来るのなら、その前に私が地球を終わらせてやる。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第07巻評価:★★★(6点) 総合評価:★★★☆(7点) いよいよ夏休みもあと1週間…!! 少しでも長く吟蔵と一緒にいたい理緒だけど、酒屋の仕事や上湖祭の準備で忙しい吟蔵とはすれ違ってばかり……。でも、吟蔵に誘…

ひと夏の思い出を作るのは簡単だが、その思い出で いつか君が泣くことが俺には分かっているから…。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第06巻評価:★★★(6点) 総合評価:★★★☆(7点) 「夏休みが終わるまで、あと2週間──」。それでもいいから「一緒にいよう」と、つきあいはじめた理緒(りお)と吟蔵(ぎんぞう)。吟蔵の家で、真夏の海で、…

打ち上げ花火のように いつも一拍 遅れる君の声。その音が耳に届けば不安は無くなる。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第05巻評価:★★★☆(7点) 総合評価:★★★☆(7点) 吟蔵(ぎんぞう)から誘ってくれた、2人だけで行く花火大会。差し出された手も、間近な花火も、うれしくてずっと一緒にいたくって、理緒(りお)の想いは…

互いに身動きの取れなくなった恋愛物語の中弛みを防ぐのは、東京からの訪問者たち。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第04巻評価:★★★★(8点) 総合評価:★★★☆(7点) 東京から来た友達グループや吟蔵(ぎんぞう)たちとの、サマーキャンプみたいな夏休み! でもその夜の肝だめしで、くじ引きでカップルになった菅野(かんの…

「彼氏」や「婚約者」の存在が発覚しても 恋の炎が消えないのは さすが南波作品か。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第03巻評価:★★★★(8点) 総合評価:★★★☆(7点) 夏休みが終われば東京に帰る理緒(りお)と田舎で暮らしていく吟蔵(ぎんぞう)。一度はふられたものの、すぐそばにいて自分を「特別」に見てくれる吟蔵を…

同じ場所に立ちながらも、パラレルワールドのように重ならない2人の背景。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第02巻評価:★★★☆(7点) 総合評価:★★★☆(7点) 吟蔵(ぎんぞう)に“未来の嫁”万里香(まりか)がいても、出会いのときめきを忘れたくなくて、「運命は自分で作る」と決意した理緒(りお)。夏の終わりに…

恋とは、自分が綺麗だと思う物を、相手も綺麗だと思ってくれると この上なく嬉しくなる この気持ち。

南波 あつこ(なんば ) 青Ao-Natsu夏(あおなつ) 第01巻評価:★★★☆(7点) 総合評価:★★★☆(7点) 『隣のあたし』『スプラウト』の南波あつこが描くピュアラブストーリー! 東京で合コン祭りのはずが、夏休みを田舎で過ごすことになった理緒(りお)。そこ…