《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

帰る場所を みつけたくて 自分の真ん中で ささやく『「ただいま」』

f:id:best_lilium222:20200913104141j:plain
タアモ
たいようのいえ
第08巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

この家には私がほしかったものがたくさんある。だから、本当にここが私の居場所みたいに錯覚してしまうんだ。――社員旅行に向かった基(ひろ)とラジカルさん。基のいない家で2人きりの真魚(まお)と大樹(だいき)。それぞれ募らせてきた思いをついに告げる時が――!? そして、あとは妹・陽菜(ひな)を待つのみとなった中村(なかむら)家の再生は――!!? 年の差幼なじみの明るく切ない同居生活!

簡潔完結感想文

  • 基の期待と落胆と驚愕の忙しい一日。悲しくてやりきれない返答と嬉しいけど喜べない報告。
  • 陽菜と氷の女王。家族からも親戚のもとも飛び出して一人で生きていく。少しも寒くないわ。
  • 修学旅行回。自分の好きな人の一挙手一投足の意味は気づき、そうでない人は気づかない残酷さ。

2つの旅行、会えない時間が愛育てる 8巻。

前巻から会社の慰安旅行中の基(ひろ)。
ラジカル杉本(すぎもと)さんと基と爆睡中の同僚がいる旅館の一室で、
基に告白すると決意を持って旅行に臨んだ杉本さんが口を開いたところで幕を閉じた前巻。

そして一方、基のいない中村(なかむら)家では真魚(まお)と大樹(だいき)は
雷鳴轟く夜、飼い犬・コロッケを間に挟んで抱擁中。

という とても気になる場面で終わったが、結果的には何もなし。
この2つの場面、物言わぬ第三者(爆睡中の同僚と犬のコロッケ)がいなければ、
違う未来が待っていたのでしょうか。

そして恋愛は勇気と駆け引きとタイミング。
それを逸し続けるから、ずっと片想いなのでしょうか。


本さんに至っては、妹を訪ねるため一人帰京の時間をずらした基を駅の改札口で待って、
一緒に旅行先の仙台から帰ったにも関わらず告白する勇気が出ずに言えないまま別れた。

んー、お話を引っ張るねー、巻をまたぐという姑息なテクニックかと思ったところで新展開が待っていた。

この作者の変幻自在の指揮者としての能力の高さには恐れ入る。
何度も言いますが読者の予想より1テンポ早く、ことが起こる感じが大好きです。

ただ杉本さんの告白は、少し間が悪い。

メールではあったものの告白する勇気を持てたことは称賛に値する。
杉本さん自身も告白という大きな一歩を踏み出せた自分を認める気持ちがあるだろう。

ただし、神の目線を持つ読者からすると、
もし、あの旅館での夜に直接言葉で伝えていたら、
違う未来もあり得たのではないかと思ってしまう。

杉本さんがメールを送った夜、
その時の基は落胆と、そして真魚への想いを募らせていたのだ。

ずっと恋焦がれていれば想いが届くわけではない。
真魚のように我慢できずに一度言ってみた方が少なからず相手の心に作用するかもしれない。

動き出す、というのは本書の通底するテーマかもしれない。


が勇気を出して動き、会いに行った妹の陽菜(ひな)は、
兄たちの暮らす家には帰らないの一点張り。

f:id:best_lilium222:20200913173233p:plainf:id:best_lilium222:20200913173227p:plain
逃げずに対面することで収穫があるという基の思いは打ち砕かれる。真魚と同じ状況。

頑なな態度は以前の真魚を連想させますね。

基たち中村家の人々は、若くして幼くして両親を亡くしたからなのか、
人に頼ったり、弱い自分を見せたりするのが苦手なんでしょうか。

基はずっと一人で抱え込もうとしてるし、
大樹は涙を見せないようにしていた(バレてたけど)。
陽菜も兄にさえ悩みも苦しみもないように振舞う。
その頑なな振舞いの中には隠しきれない悩みや苦しさが滲み出ているというのに…。

妹の拒絶に基は真魚が実家で味わうような無力感や悲しみに襲われる。
真魚にとって父がそうであるように、会話の糸口すらつかめない他人のようになってしまった妹・陽菜。

そして基は真魚に思いを馳せる。
自分にとっての真魚とは何だったのか。
汚い心も含めて、もう一度真魚を見つめなおすと見えてきたのは、今の自分の正直な心。
こういう一つの事象が、もう一つの事象を照らしなおすという構成も秀逸です。

そしてそんな陽菜のの話を聞いた真魚が、陽菜に親近感を覚え、
基のために自分に出来ることはないかと動き出す。

基が感じた真魚と似たような境遇と性格、
だからこそ、そこに解決の糸口を見つけるという構図も面白いですね。

自分の願望と同時に、利他的な行動が出来る優しい人々の物語だ。
恋っていいなと思わせてくれる、それが少女漫画の効用だ。


樹もまた優しい。

妹が帰らないことを予想し、基が落ち込んでいるだろうと思いを至らすことのできる人だ。

例え恋愛のライバルで、「地獄へ堕ちろ」と願っていても、
兄を気遣い、兄の好きなお菓子を袋いっぱい買ってくる人なのだ。

エピソードによる性格の肉付けが本当に上手いです。
基にしても、大樹にしても、本当に忘れられないぐらい(性格的)イケメンだ。
顔だけのイケメンしか描けない漫画家に読ませてやりたい(今読んでいる漫画がそうなので、つい…)。

『7巻』で大樹が、基兄(ひろにぃ)が俺が真魚のことが好きだと知ったら(本心とは裏腹に)「笑って応援してくれそう」、みたいなセリフがあったが、
大樹もまた基なら、笑って応援してくれそうな気がする。

というか本書の登場人物の誰もが、たとえ自分の恋が叶わなくても
好きになった人の恋をしっかり応援してくれそうな気がする。
そんな優しい人々の、それほどに大事にしている恋なのだ。


ただ、一方で弱虫を引きずっているのが大樹。

真魚以外なら(基でも)察するような言葉を用いて好意を表しているが、相手が真魚なので今回もまた伝わらず。

f:id:best_lilium222:20200913172908p:plainf:id:best_lilium222:20200913172902p:plain
好きな子が自分ではない別の誰かをどれくらい好きか痛いほど分かってしまう、俺の痛み。

ラジカル杉本さんに続いて大樹が勇気を出す日は来るのだろうか。
そして告白の結果もまた彼女の たどった経緯と同じになってしまうのだろうか。

最初から長期戦を覚悟している大樹だが、彼もまた勇気とタイミングを逸した気がする。

毎日、同じ家で暮らしている間柄だからこそ、
お互いの旅行で会えない時間が長くなると、
その人に想いを馳せてしまうのだ。

そうこうしてる間に基は思わぬ行動に出る。
これもまた1テンポ早い展開。
そしてまさか、大樹が家に居るというのに⁉
またまた気になるところでページが尽きる。


そして真魚のように、さっさと告白したのは、親友の ちーちゃん(千尋ちひろ)も同じ。
フラれた織田くんとの距離が修学旅行を機に戻り、リセットされた。

とりま告白。それが本書の訴えたいことなのかもしれない。
残念ながら失敗例がラジカル杉本さんと大樹だろうか。

いつだって おいで おいで する あなたの優しさ『「ただいま」』

f:id:best_lilium222:20200912115535j:plain
タアモ
たいようのいえ
第07巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

忘れてるわけじゃない。彼の目指すこの家の未来には私の姿はない……。私は私の未来へ行こう。でも。うまく言葉がでない……。「こんな気持ちにさせてたなんて……ごめん。」大樹(だいき)が帰ってきて基(ひろ)の願いは前進した。妹の誕生会への誘いを受けて2度目の一時帰宅することを決意した真魚(まお)は? 誰かを想って進めなかったみんなが新しい想いを知って、それぞれついに……!!?

簡潔完結感想文

  • 真魚の長期計画。2回目の一時帰宅。義母に続き妹とも交流。将を射んとする者はまず馬を射よ。
  • 大樹の長期計画。同居していれば恋の花咲くこともある。弱虫や当て馬なんかじゃない、はずだ。
  • 杉本の恋の長患い。片想いの喜びも悲しみも知って、もう一歩前に進もうと決意した彼との夜…。

の汚い心に打ち勝とうとする葛藤の 7巻。

『7巻』から表紙が真魚(まお)と基(ひろ)に大樹(だいき)を加えた3人になりましたね。
家族が増えた実感が湧いて温かな気持ちになりますね。

しかし、本編はそれとは真逆の剣呑な雰囲気。
なぜなら兄弟間で恋の鞘当てが本格的に始まったから。
いざ尋常に勝負!


うべきか、言わざるべきか、それが問題だ。

自分の兄のことを好きな女性に恋をしている弟・大樹。
彼は長年お世話になった親戚の家から、そんな2人が暮らす自分の実家に移り住むようになった。

大樹は2人の関係に嫉妬して積極的な破壊工作などを行ったりはしないが、
監察官として行き過ぎた行為を見逃さないよう目を光らせる。

そして兄とは違い、年齢も家も学校もバイト先も同じという自分の利を大いに活かし、
長期戦で相手を陥落しようという老獪な策士の面も持ち合わせる。

そして本人以外には自分の気持ちが露呈しても構わないという豪胆さもある。
三者に聞かれれば素直に答えるし、
恋のライバルである兄には牽制するために匂わせた発言だってする。

f:id:best_lilium222:20200912175132p:plainf:id:best_lilium222:20200912175128p:plain
好きになることは なにも問題はない。しかし、それが真魚に伝わらないのが大いに問題だ。

実は、真魚に対しても匂わせ発言は幾度もしている。
ただ彼女は恋に対して鼻が詰まっているのか、匂いにとても鈍感である。

大樹も大樹で、物事を冷淡に見通すドライアイの持ち主なので、発言に湿度が足りない。
もっと目を潤ませながら、意味あり気に言葉を発さないと。
多分、棒読みの大根役者並みに何も伝わらないのだろう。

また大樹は長期戦を想定しているからなのか、計画の柔軟性に欠けるからなのか、
はたまた勇気がないからなのか、直接的な言葉は一切使わない。

今は我慢の時、という葛藤の末なのかもしれないが、
『7巻』で妹から「おねえちゃん すき」と絵に添えて書いてもらった真魚が、
心の底から震えるほど嬉しかったように、直接的な言葉が人を動かすことがある。

長年お世話になったおばが言うように
「大ちゃん(は)隠れ弱虫」なのかも、しれへん。


そして『7巻』の終わりでは、この家に来てから初めての真魚との2人きりの夜が訪れる。
基が会社の慰安旅行で1泊 家を空けることになったのだ。

基に真魚への恋心を匂わせて以降、
自分が監察官であるように、基もまた自分の監察官であった。

f:id:best_lilium222:20200912175405p:plainf:id:best_lilium222:20200912175359p:plain
大樹の挑発で母性ではなく男として真魚に接する基。大樹は優秀な当て馬。

だが、今回お邪魔虫がいないことで、大樹は弱虫を克服できるのか…⁉
というところで、今巻は幕を閉じる。

気になる。そして私の大樹びいきが過ぎる!


愛と人間愛のあいだに起こる葛藤もある。

『7巻』では、真魚と父親との仲を取り持ってくれる真魚の義母が夫に対して、
真魚ちゃんがいたから パパはなかなか一緒になってくれなかった」
「出て行った時は正直ほっとした」と本音を語る部分がある。

だがこの会話の彼女の真意はこの後にある。
人を呪わば穴二つ、ではないけれど、
他人の不幸を望めば自分の不幸になって返ってくる。
ましてや家族ならば。
この世の中、情けは人の為ならず、なのかもしれない。

自分の願いはあるけれど、
他人を押しのけてまで優先するほど知性に欠ける訳じゃないから葛藤がある。

人を好きになったり、人と繋がる喜びを描きながら、
一方で綺麗事で済ませない、この清濁併せ呑む感じが好きですね。


じように、基(ひろ)に恋するラジカル杉本さんが、恋に盲目になっていた自分に気づき、
真魚のバイト先で基と一緒のところを見せていたと自省する場面も同じ。

暴走も嫉妬もするけど、反省もする。

そんなラジカル杉本さんは歴女であり腐女子
最初は怖そうで近寄れなかった基も、彼を登場人物としたBLを想像することで苦手を克服。
まさか、そんなBLの世界の中に自分が入って、好きになるとは思わなかっただろう。
真性の腐女子ならば、自分は観察者たれ、と怒られそうですが(『私がモテてどうすんだ』より)。
杉本さんにもそんな葛藤があったのだろうか。

そして杉本さんからの多少の匂わせ発言では、自分への好意に気づかない鼻の詰まった男がここにも一人いる。
一人暮らしの自室マンションの玄関の前で誘っても、
(基の家で)お菓子作りを教えてほしいと言ってみても、暖簾に腕押し、糠に釘。

そんな現状を打破するために、彼女は慰安旅行中に動くことを決意する。
旅館の一室で基と向き合う杉本さん、という場面で『7巻』終了。

一方で真魚と大樹の2人きりの夜、一方で基と杉本(と同僚)の夜。
続きが気になって仕方ないじゃないか!


そういえば基と杉本さんが向き合う旅館の一室で酔い潰れている基の同僚・藤田(ふじた・男)。
『7巻』から一気に顔が可愛くなりましたね。
まさかドラマCDで声が付いてから作者に愛着が湧いたのか…⁉